呑気な外資系サラリーマンの旅日報

のんびり外資系出張族サラリーマンがそれほどでもない日常をお気楽に綴ります。

【モンキーレンチの進化を実感】トップ工業 ハイパーモンキZERO

最近もの忘れが以前よりひどくなってる旅人1号です。

先日も大阪のとあるお客様の所でメンテナンス作業をやっていたのですが、見事にモンキーレンチを忘れて帰ってきてしまいました。

モンキーレンチって便利ですが、どうしても下アゴにガタがあり、プロの方はあまり信用してない人も多いと思いますが出張修理は「野戦病院」みたいなところがありまして全ての工具を持っていける訳ではないのに何とかしないといけないケースが殆どなんで私は重宝しております。

 

例えばお客様で以前に交換されててメーカー出荷時と違うボルトがついていたりとか色んな想定外のケースがある訳です。その他にも同じ呼び径のボルトとナットが供回りするけど同じサイズのレンチを2本持って行ってないという時なんかにモンキーレンチは活躍してくれます。(そんな大事なモン忘れてくるなというお叱りはごもっともなのですが…)

 

そんな訳でお守り代わりにすぐに必要なので出張先の大阪でコーナンPROへ買いに行ったのですが、どうせならと最新のモンキーを買ってみました。これが結構凄かったのでちょっと記事にしてみようと思います。

 

今回、買ったのはこちら!

DSCF6271

TOP工業のハイパーモンキZEROです。

 

以前、私は通称「エビちゃん」のロブスター普及品を使用してましたが、これが全然使い心地が違うんです。

 

何がっていうと確かにメーカーの謳い文句通りガタがない!

DSCF6258

ちょっと戸惑ってしまう位、明らかに違いを感じることができます。

モンキーレンチって回すたびにちょっとアゴが動くんでボルトを回してはモンキーを締め直し回しては締め直しといった使い方でしたし、それが当たり前と思ってました。でもこのハイパーモンキZEROはボルトを回してもアゴが動いてしまう感じがないのでそのままウォームギヤを締めなおさずにそのまま次の回しに行けます。ちょっと大げさかもしれませんがモンキーレンチというよりスパナ位の感覚です。ん~すごいねモンキーレンチも進化してる!(私が知らないだけ?)

DSCF6283

このガタ無しウォームギヤがガタゼロを実現します。

 

f:id:tabibito1gou:20190208104116j:plain

これを見るとよくわかりますね。確かにメーカーの書いてる事が実感できます。

 

そして薄くて軽い!

DSCF6269

しっかり肉抜きされて軽いんですが、手に当たる部分は列車のレールのようにI字型に膨らんでいて締めてる時に手が痛くなるなんて事もありません。

DSCF6268

ボルトの頭をを掴む部分も薄いんで狭いとこでも使いやすい!

DSCF6287

目一杯開いてみました。この「HM-32]で最大口開32mmです。この最大口開がそのままモデル名になってますね。

 

ん~こりゃいいですね、最初はあまりの使用感の違いに浦島太郎のような感覚でした。TOP工業には以前からハイパーレンチという有名なモンキーがありますよね。

ハイパーレンチ | トップ工業株式会社

こちらも知ってたのですが今まではバーコの類似品みたいなものかと勝手に思い込んで試してもいませんでした。すみません!

ハイパーレンチも現在TOP工業のホームページには載ってますが、ネットで調べるとすでに取り扱いを終了している工具通販サイトも多いですね。現在出回っている在庫まででいずれは廃盤になるのかな?

 

いや~工具は慣れてるモノから変えないというのもアリですが、色々試して見るのも発見がありますね。今回、買って実際に使ってみて目から鱗がポロポロ落ちました。

 

モンキーレンチの雄であるバーコも現在はスウェーデンでなくスペインで製造してるようですしココはひとつ世界に負けない日本製モンキーレンチを応援しましょう!

 

さて、ここでチコちゃんには叱られないけど雑学のお時間です、モンキーレンチは何故、モンキーレンチと呼ばれるているのでしょうか?それは遡ること1858年、この工具の原型を発案した人が「Charles Moncky hoax」という人だったというのが一番有力な説だそうです。(諸説あり笑)英語での俗称も「Monkey wrench」であります。

 

f:id:tabibito1gou:20190214135432j:plain

初期のモンキーレンチ

 

日本でも「モンキーレンチ」とか「モンキー」と呼ばれている事が多いと思います。しかし、今回紹介しているこのハイパーモンキZEROという名称はなぜ「モンキー」でなく「モンキ」なのでしょう?

これはJISでの規格名称が「モンキレンチ」なんですね~TOP工業としてはJIS規格の名称に忠実に沿っているというところでしょうか?

明日、会社で自慢にもならない情報でしたね、すみません!

 

しかしこのハイパーモンキZEROは本当におススメです。昔ながらのモンキーしか使ったことがないというそこのあなた!是非、手にしてみて下さい。も~ホントに驚いちゃいますよ。

とりあえず一本だけというならサイズは「HM-32」でいいのではないでしょうか?


トップ(TOP) ハイパーモンキ ZERO HM-32

 


【あす楽対応】トップ工業ガタ無しウォーム採用ハイパーモンキーゼロ【0〜32mm】HM-32(HM32)

最近【TONE】の工具がデザイン・仕上げ・軽さでメチャメチャよくなっている!男の仕事工具

私、仕事で工具を使うことが多々あります。

ほとんどはお客様の所に出向いて一人で行える程度のメンテナンスや修理のサービスです。なので本当のプロメカニックという訳ではありません。

 

特に工具にこだわりが強いわけではないのですが、メーカーの人間という立場でお客さまの所へ乗り込むため、質の悪い工具でお客さまの機械のボルトでも舐めたらエライことですから海外製の高級工具までは必要ないですが、必要最低限ちゃんとした工具を使うようには心掛けてはいます。

 

キチッとした品質はもちろんですが、出張整備なので、なるべく軽いもの、もし壊れたり失くしたりしても全国どこでもスグ手に入りやすいもの、そして安価なことに重点を置いて工具選びをしております。

 

そうなるとほぼKTC(ネプロスじゃないですよ)やTONEといったところに落ち着くわけですが、最近工具店で見ているとTONEの工具がとても頑張っているので皆さんにも是非ご紹介したいと思います。

 

以前は高品質でリーズナブルだが武骨で重たい硬派なイメージ。

TONEのイメージといえば品質がよく安価だが、武骨で重たい工具といった印象でした(個人的主観ですが…)しか~し、最近出てるTONEの新型工具はこれまでの精度に加えて軽さやデザイン、仕上げがとてもよくなっています。以下にわかりやすく新旧比較してみたいと思います。

 

 

一番最初に「おっ!」と思ったのはたまたまホームセンターで見かけたCSという新型のコンビネーションスパナでした。

f:id:tabibito1gou:20190116174135j:plain


是非、実物を手に取って見てほしいのですが、デザインも仕上げも以前よりとても良くなってます。

ちなみに以前の旧型タイプはこちらです。

f:id:tabibito1gou:20190116171835j:plain

全然ちがうでしょ?このほうがTONEっぽいと思われる方も多いと思います。新型と比べると武骨でワイルドな感じですね。たしか以前のタイプは少し他社のものより短かったと記憶してます。

最近のTONEはいいんじゃないの?と思って他も見てみると、やはり最近出てる新型の工具はいいものが多数ありました。

 

ちなみにこのCSという新型のコンビネーションスパナ。これから買われる方は絶対こちらの7点セットがいいと思います。TONE純正のホルダーがついてて一本当たり750円以下ですよ。スバラシイ!


トネ(TONE) コンビネーションスパナセット CS700 内容7点 ブラック

 

 

例えばラチェットハンドル(差込角12.7mm)

これも仕事でよく使う工具です。差込角9.5mmの物は私の仕事ではちと小さいので使っているのは基本的に12.7mmのタイプです。これが各社とも重くてゴツイ!

ちなみにこちらはTONEの旧型、ゴツイでしょ?昔はこれでも普通でした。

f:id:tabibito1gou:20190116163258j:plain

これが同じ差込角12.7mmのRH4HWという新型になると…ジャン!

f:id:tabibito1gou:20190116174347j:plain

 

ねっ?関西風にいうと「シュッとしてる」でしょ?笑

こちらは私も使ってますが、垢抜けたデザイン、そしてヘッドがかなり薄くスリムで小さくなりました。歯数ももちろんイマドキの72枚。それだけでなくこのラチェットハンドル、ハンドル部分が中空になってて軽いんです。このRH4HWという差込角12.7mmのモデルで重さ278gですよ。KTCの同じモノと比べるとTONEの方が長さは10mm短いですが重さは半分以下です。軽い!これはやめられません!

 

f:id:tabibito1gou:20190116174525j:plain

 

そしてソケットホールド機構ももちろんついてます!

f:id:tabibito1gou:20190116174612j:plain

 

これで実勢価格は大体3,300円位です。これはイイですよ!実際、仕事で使ってる私が自信を持っておススメします!


トネ(TONE) ラチェットハンドル(中空・ホールドタイプ) 差込角12.7mm(1/2") RH4HW

 

 

例えばスピンナハンドル(差込角12.7mm)

旧モデル(こちらは現在も販売されている311というモデルです)

f:id:tabibito1gou:20190116174842j:plain

しっかりしてますが、やはりゴツイですね。重いんですが、どーしても必要な工具なので今まではあきらめて持ち歩いてました。

 

これがNS4という新型になると…。

 

 

f:id:tabibito1gou:20190116174913j:plain


 

スリムで仕上げも奇麗でしょ?

これも注目してほしいのは重量で、

上の写真の311は全長380mmで820g

下の写真のNS4は全長400mmで595g!

つまり、新型は長さが20mm長いのにもかかわらず重さでは圧倒的に軽くなってます。これは使わない理由がないです!たまらず私も買い替えました。

 

素晴らしいのは特に値段が上がってないこと。会社の姿勢が素晴らしいですネ。

こちらは実勢価格2,800円位です。ホームセンターで売ってるノーブランド工具よりはもちろん高いのですが、仕事で使えるレベルの工具としては私は大変良心的な価格だと思います。

 


トネ(TONE) スピンナハンドル 差込角12.7mm(1/2") NS4

 

 

こちらにわかりやすくまとまってました。

やはり新型は薄型・軽量・コンパクト・曲線デザイン・そして仕上げに重きを置いているようです。

f:id:tabibito1gou:20190116192142g:plain

 

f:id:tabibito1gou:20190116192227g:plain

これは中空モデルではありませんが新型の中でも普通の家庭での使い方でニーズが一番高いと思われる差込角9.5mmの標準的なモデルでRH3Hというタイプです。実勢価格は2,800円程です。これ一本あれば家庭ではバッチリですね。


トネ(TONE) ラチェットハンドル(ホールドタイプ) 差込角9.5mm(3/8") RH3H

 

 

 

あと、この中空タイプのスイベルラチェットがよさそうなんですよね~。差込角が9.5mmなので(12.7mmは発売されてない)私の仕事では使わないのですが、一般の家庭での使い方だともはや無敵と言ってイイと思います!もし、私が家庭で使うならチョット贅沢してコレですね!(実勢価格5,200円)

f:id:tabibito1gou:20190116193007g:plain


トネ(TONE) スイベルラチェットハンドル(ホールドタイプ) 差込角9.5mm(3/8") RH3VHW

万一、壊れてもリペアキットがあるので安心して長く使えます←コレ大事!


トネ(TONE) ラチェットハンドル用リペアキット 差込角9.5mm(3/8") RK-RH3VH

 

 

 

そして、これから工具を揃えるならコレです。ジャジャジャジャーン!

TONEツールセット700SD。これであなたも届いたその日から立派な「トネラー」です。(笑)

f:id:tabibito1gou:20190116232500j:plain

上で紹介したTONEの新型工具がいっぱい入ったセットです。すごいですね。あと書き忘れてましたが、このセットに入ってるコンビネーションハンマーがまたすごく便利なんです。

f:id:tabibito1gou:20190116232546j:plain

このセットが収まる最近のTONE工具箱もこれまたイケてます!

f:id:tabibito1gou:20190116232619j:plain

TONEの誠意がギッシリ詰まってるしっかり長く使えてお得なちゃんとしたツールセットです。ホームセンターで売ってる安いセットとは工具一つ一つのモノが違いますよ~。贅沢すぎるほどのクオリティでこのまま仕事に使えます。


トネ(TONE) ツールセット 差込角12.7mm(1/2") 700SD 内容53点 レッド

 



どうですか?ちょっと最近の【TONE愛】が溢れて少し熱くなってしまいました。

でもホント最近のTONEは頑張ってるでしょ?国産工具メーカーではまだまだKTCの方が人気かもしれませんが、私の仕事用工具箱の中身も気が付けば最近すっかりTONE率が上がってきてます。仕事で使えるクオリティの工具がこの価格でデザインも軽さも優れているのですからもっと評価されていいと思ってます。

頑張れ前田金属工業!隠れ「トネラー」より(別に隠れなくてイイか)

 

TONEのホームページにも最近のデザイン改革のことが書いてありました。

www.tonetool.co.jp

 

皆さんもホームセンターに行ったら【TONE】の工具を是非注目して見てください!私の言ってることがわかってもらえると思いますよ~。

 

 

からあげの聖地・中津でおススメの唐揚げ店【孤高のグルメB級編】

今日は大分県中津市に出張です。

ここ中津市は「からあげの聖地」と呼ばれております。これはなんと日本唐揚協会でもキチンと認められてるんです。すごいでしょ!

|唐揚げとは|日本唐揚協会

お隣の宇佐市中津市であわせて50店舗ほどのからあげ店がひしめいています。

 

私も色々食べてみました。一番の特色としてはタレに漬け込んだ鶏肉を揚げるという点でしょうか、そのタレの違いがそのままお店の個性になってる気がします。揚げた鳥が茶色っぽくなるしょうゆベースのタレににんにくが効いてるパターンが多いですかね。

 

そんなたくさんのからあげ店の中で私のおススメは中津の「唐揚げからあげ屋チキンハウス中津本店」です。

RIMG2807

ここはなんたってお店で食べる事が出来るお店です。意外に思われるかもしれませんが中津のからあげ店はそのほとんどが持ち帰り専門のお店です。あっても買ったからあげ弁当を店内でイートインするみたいな形式です。ほんとかどうか知りませんが地元の人に聞くと中津の人はやたら家でご飯を食べたがるとか。

 

しかし、ここチキンハウスさんは食堂形式のお店と持ち帰り形式でお店が店内で二つに分かれています。これは観光客や出張で他から来た人にとってはありがたいですね!

RIMG2806

こちらが店舗向かって左側の食堂形式の「からあげ茶屋」

RIMG2800

店舗中央部分にからあげ茶屋専用のカウンターがありこちらで注文・支払いを済ませ

RIMG2799

札をもらってからあげ茶屋へとはいります。

RIMG2798

今回はからあげ定食500円にからあげ増量を100円で追加しました。

RIMG2797

そして到着です。どうです600円で食べられるからあげ定食(100円割り増し)です。安いですね~!。それだけでもポイントアップです。

RIMG2801

チキンハウスのからあげは味付けが中津の中では比較的プレーンに近いと思います。ココも私の中では高ポイントです。

RIMG2803

一方、持ち帰りコーナーは店舗向かって右側になります。

RIMG2805

こちらで注文・支払いして店舗内にある椅子で待ちます。

何度か買って帰りましたが冷めてもおいしいですよ!

 

持ち帰りも出来て店舗でも食べることが出来、安くておいしい!これ以上何を望むというのでしょうか。いいお店でしょ?

もちろん駐車場も店の前にあります。

中津駅から車で5~6分といったところです。

 

定休日は水曜日

営業時間は

からあげ茶屋が 11:00~15:00

持ち帰りは   10:00~19:30

店内で食べたい方はお昼の15:00までに行きましょう!

 

からあげの聖地から旅人1号のおススメを紹介しました。

みなさんも大分に来たら是非、中津からあげをご賞味下さい!

【シリーズ日本の市場メシ】福岡市鮮魚市場 おきよ食堂

前回、「市場メシ」コスパの素晴らしさについて書いてみました。

tabibito1gou.hatenadiary.jp

ならば日本各地の「市場メシ」を皆様にご紹介せねば!

と誰からも依頼も期待もされてないのに勝手に使命感を感じている旅人1号です。笑

 

なので、これからシリーズ「日本の市場メシ」として今まで出張ついで食べてきた各地の市場メシをたま~にチョコチョコ記事にしていこうと思います。

 

今回は福岡の福岡市鮮魚市場から「日本の市場メシ」をお送りします。

福岡市鮮魚市場は九州最大の繁華街、天神から車で10分程で到着します。鮮魚だけの市場ですが、魚が有名な福岡の食文化を支えています。

 

一般の方がココで食事をしようとすると敷地内に市場会館という建物があり、こちらにいつでも入場する事が可能です。

下の写真に写ってる建物が市場会館です。市場っぽくなくて奇麗でしょ?この中には飲食店や水産会社の事務所が多数入っています。

DSCF6197

ちなみに市場会館13階には海が見渡せる展望プラザがありますので是非、こちらにもお立ち寄りくださいませ。特に夜景はキレイすよ!展望プラザには午前6時から午後10時まで無料で入れます。

 

さて、話を戻します。ここ福岡市鮮魚市場の市場会館には1階に8店舗ほどの「市場メシ」が食べられるお店があります。結構、夜はお店がやってない市場も多い中、ここ福岡の鮮魚市場では店舗でそれぞれ営業時間が異なりますが、どの時間に行ってもどこかの店は開いているというのがいいですね。便利です。

今回はその中から創業昭和22年の「おきよ食堂」に入ってみる事にしましょう。有名店です!

DSCF6193

店内はこんな感じで広々してます。この日は夜の部の開店時間18:00ちょうどに入店!一番乗りでした。

DSCF6192

メニューはこんな感じで一人でも気軽に入れますね。ホラねっコスパ抜群でしょ?もちろん博多名物の「胡麻サバ」もありますよ~。

DSCF6190

今回はこの中から赤魚の煮付定食にしてみます。税込み1,000円也~。あまりの魚のデカさに食事が運ばれた時についつい「うお~っ」という言葉が出るほど魚がデカい!笑

DSCF6195

福岡の煮付は結構、濃い目、甘目の味付けが多いですが「おきよ食堂」は比較的あっさり目で私は好みです。味とボリュームと値段の三重奏で私を満足させてくれます。あ~サイコー!

 

〇おきよ食堂の営業時間は

朝の部  6:00~15:00 

夜の部 18:00~22:00

(日曜定休)です。

これなら旅や出張の途中にいつでも気軽に行って食べる事が出来ますね。予定が組みやすいです。便利~!

 

もちろん市場必須の無料駐車場(60分まで)も第1~第3駐車場まで完備してます!やっぱこうでなくちゃね!

DSCF6199

その他にも福岡鮮魚市場には色々なお店があり、それぞれ特徴があるのですが、またの機会にご紹介させて頂こうと思います。どこもいいお店ばっかりですよ~。

 

それから、ココ福岡市鮮魚市場では毎月一回、第二土曜日に市民感謝デーがあり、一般の方は普段は入れない売り場棟を開放して仲卸屋さんから魚や海産物を直接購入できるイベントを行っています。これはいいですね!

nagahamafish.jp

 

 

街の繁華街からも近いし、朝から夜まで食べられる便利な福岡鮮魚市場の「市場メシ

」なのでした。是非、皆さんもお越しください!

 

これからは皆さんに日本各地の市場メシをご紹介出来たらなと思います。乞うご期待!

出張先や旅先で簡単・確実に安くて美味しい食事に出会う方法【出張の匠シリーズ】

皆さんこんにちは。会社の経費清算の提出を迫られているにもかかわらず現実逃避にブログを書いている旅人1号です。

 

今日は年間の半分以上出張している私が今までの経験から生み出した出張の大技・小技を皆さんにもシェアするシリーズ【出張の匠】をお送りします。って初めて書くシリーズですけど。汗

 

記念すべきシリーズ第1回目は「出張先や旅先で簡単・確実に安くて美味しい食事を探し出す方法」です。

やはり旅でも出張でも食事は大事ですよね。外れると本当にテンション下がっちゃいますよね。

でもそんな見知らぬ土地でコスパ抜群の食事にありつく方法があるんですたん。今日はその簡単な方法とある日の私の実例を基にドキュメンタリー風にお伝えします。笑

 

見知らぬ土地ではネットで探しても意外とコスパのいい食事にはなかなかたどり着かない

皆さんが出張・旅先で何を食べるかを探すとなるとまずは「食べログ」や「Retty」等のサイトで探すことになると思います。実際、私も使います。色々調べていくと悩む楽しみもあるとは思いますが、これが結構な時間と手間がかかるんですおよね。

そして、どちらかというとネットで出てくる情報は観光客相手に発信しているものが多いと感じます。試しにあなたが勝手知ったる現在住んでいる街の食事情報をこれらのサイトで探してみてください。ココは「地元の人はあんまり行かないな~」とか、ココは「他県から人が来たら連れていく店だな~」とか、もっとシンプルに「ココは高い」といったお店の情報が多いと思います。

年に1度か2度のスペシャルな旅ならそれらのお店でも満足かもしれません。でもいつも出張ばかりで見知らぬ土地にいる事が日常の私にはどちらかというと「地元の人が食べているお店」や「毎日でも食べれそうな食事」そしてなにより「安い!」ローカルで生のお店の情報が知りたいのです。

 

色々と考えて色々と実践してたどり着いた結果…。

簡単な事なのでもったいぶらずに書きますが、その土地の「市場」へ行けばすべてが解決です。

市場は必ずどこの土地にもあります。そして調べると気づくと思いますが街の中心地からそれほど離れていない場所にあるケースがほとんどです。いいでしょ?

魚・肉・青果と別れて存在するところや、これらが1か所にまとまっているところもありますね。そして市場やその付近には必ず食事がとれる所があるんです!

 

市場の食事が必ずコスパがいい理由

もともとこれらの食事処は市場へ出入りする業者さんやそこで働く人達を相手に営業しているのでお客様は当然食材のプロ達。食材の味も値段も知り尽くしたプロが納得するものでなければ当然お客さまは来ないのです。

例えば安い食材を高い値段で出していればプロは仕入れ値まで知っている訳ですから「いくら儲けてるな~」とあっさり見破ります。彼らは当然美味しいものもまずい物もその値段まで知り尽くしているプロ達ですから「どの程度のものをどの程度の値段で提供しているか」でお店の誠意そのものが手に取るようにわかる訳です。ごまかしやダマしは一切通用しません。

ちょっと大げさに聞えるかも知れませんが、わかりやすい事実です。

 

その他にもコスパがいい理由として市場併設なので単純に仕入場所がすぐそばなのも大きなアドバンテージですね。まとめて仕入れなくても新鮮な食材を毎日こまめに少ない手間で仕入れることが可能です。回転が速くいつも新鮮な材料ですし、大量のストックを置く場所や冷凍・冷蔵庫などの設備も必要なくこれも価格に反映できますね。

 

築地や豊洲はどちらかというと観光客相手だと思いますので今回のお題からはちょっと例外になるかもしれませんが、それ以外の都市の市場併設のお店は素人や観光客相手にやっている街中のお店より要求される味も値段も相当ハードルが高いことは簡単に理解できると思いますし、それをクリアできる要素もあるという事になります。

なんだか真面目に書いてしまいましたがつまりそういう事です。笑

 

ドキュメント・ある日の私の市場メシ

さて、ここからは私の出張メシを今、人気のNHKのサラメシ風にドキュメント形式でお伝えします。

 

とある火曜日の朝、私は昨日から宮崎に出張で来ています。ホテルは宮崎駅のすぐ近く。昨日の夜はお客様とニシタチで盛り上がりすぎてしまい今朝のホテルの朝食は食べてません(実話を書いてますがくだらないドキュメントですね。スミマセン!)

とはいえ時間も朝10時を過ぎる頃にはお腹が空いてきます。そこで私は「宮崎市中央卸売り市場」へとレンタカーを走らせるのです。宮崎駅前から10分強で到着です。

DSCF6032

そうそう、書き忘れましたが、ほとんどの市場では無料で車を止めれる駐車場があります。ここもポイント大ですね。ココ「宮崎市中央卸売り市場」は一般の人が入場出来る時間は朝10時から昼の14時までですので気を付けて下さい。市場によって、いつでも入れるところもあれば、ここのように時間が決まっている所もあるので事前に要調査ですよ!

宮崎市中央卸売り市場」には場内を入って左側に車で進むと「市場味の名店街」という食事処が立ち並ぶ建物があります。

DSCF6030

その中から今日は「味いち」に入ってみましょう。

DSCF6021

私の胃腸は昨日のニシタチの疲れをやや引きずってますので今日はあっさりめのメニューにしましょうか?

DSCF6022

お昼前ですがココは朝定食にします。ジャーン!税込み500円也

DSCF6033

うまいです!さすが歴戦の猛者であるプロの業者さん達が食べる朝飯です。食べてたら美味しいのでもっと食べれそうな気がしてきました。笑

刺身の小鉢を追加してみましょう!税込み350円也。

DSCF6024

刺身としか書いてなかったのですが、おそらく宮崎でよく獲れるシマアジですね。写真では伝わりにくいのですが一切れ一切れがデカくて分厚いです。ん~やっぱ市場メシは美味くて安い!

こういう地のモノが安く新鮮に食べれるのも市場メシの魅力ですね。

そして、合計850円を支払い今日も大満足でまた仕事に復帰です!

 

注意点

市場メシはあくまで市場関係者向けがメインのお店ですのでそこはよく理解しておきましょう。市場や市場関係者に迷惑かけるのはもってのほかです。

ローカルルールで市場ごとに決まり事が違うので最低限、一般の人が入場可能な時間と入場可能なエリアくらいは調べていきましょう。

 

おわりに

いかがでしたか?市場メシのコスパがいい理由が少し分かった気がしませんでしたか?各市場には必ず名物メシ処があるので、まずは皆さん小手調べに地元の市場を調べて行かれてみてはいかがでしょうか?

近くの市場を探してそこへ行くだけなんで今日はどこに行って何食べようかと悩む必要はありません!

日本全国、卸売市場のないとこなんてありません。土地勘がなくても市場へ行くだけなんで簡単でしょ?これなら簡単に安く確実にコスパのいい食事と出会えます。

今後は「日本の市場メシ」としてシリーズ化してレポートします。ので乞うご期待!

皆さんもこれからは迷わず市場へGOっす!

 

今回撮影機材(古いけど食べ物が美味しそうに写るお気に入りの組み合わせです)


FUJIFILM ミラーレス一眼レフカメラ X-Pro1 ボディ 1630万画素 F FX-X-PRO1


FUJIFILM 単焦点広角レンズ XF18mmF2 R

 

 

 

X-Pro1+XF55-200mmで初物多数だった築城基地撮影【今あるカメラでベストを尽くせ】

最近は大分出張が頻繁に入ります。

なぜかというと大分のお客様にて結構なトラブルを抱えてしまっていてその対応で頻繁に大分出張が入る訳です。

大分出張に行く途中、しばしの現実逃避をするため築城基地に立ち寄る事で仕事のモチベーションを維持しております。う~ん、これがセルフコントロールってやつですね(ただのサボりとも言いますが…)

今日は時間の都合で1時間だけ立ち寄る事にします。

しかし今日は台風24号が九州を通過した翌日でして飛ぶのかどうかも分らない状態です。築城基地の漁港に到着するとあれれ?風向きが山側から海側に、それも結構な勢いで吹いてます。

となるといつもと逆の離発着になるはずです。つまり漁港からは離陸のスタートと着陸の接地が見れるはずです。漁港から離陸直後の捻りでも撮れればと思ってたのですが、う~んどうしよ…。

時間もないしこのままここで待つことにします。飛ぶかどうかもわからないし。

しかし、そこは築城基地です。期待を裏切りません。いつもと逆ですが、5機のF-2と1機のT-4が離陸のために滑走路の海側端へやってきました。よかった~。

DSCF5243

しかしなかなか離陸する気配がありません。どうしたもんかと思ったら着陸機が遠く沖のほうに見えてきました。

そっか着陸機待ちだったのねと思って降りてくるF-2を撮ろうとカメラを構えているとなんか形が違います。ん?

その機体が近寄ってくるとF-2ではありません。その正体は…。

DSCF5275

なんとRF-4Eじゃあないですか!ラッキー!!

このファントム、百里に行ける人は珍しくもなんともないのでしょうが、現在、九州にはRF-4EもF-4EJも配属されてないのでファントム自体が結構レアなんです。嬉し~!

ふと思って調べて見るとこの914番、4月に新田原でも偶然撮影してました。

tabibito1gou.hatenadiary.jp

まさかここ築城でもお目にかかれるとは…。一方的にこの機体にご縁を感じずにはいられません。

常連さんによると災害時なんかにはここ築城にも飛来する事があるようです。

なんでも台風の被害を沖縄に撮影しに行った帰りなのではないかという事でした。

なるほど~。その常連さんは洋上迷彩のRFが見たいそうですが、来たことないとの事、洋上迷彩なら築城にはF-2があ~るじゃありませんか。

RFの着陸待ちをしていたF-2達も次々離陸して行きます。

DSCF5251

DSCF5381

ひとしきりF-2&T-4が離陸した後、なんともう1機、別のRFが着陸進入してくるではありませんか、これまたラッキー!

DSCF5375

1日に2機もRFが見れました。もちろん初めてです。ほんとツイてるな~

そして今度は築城の主であるF-2がご帰還です。

DSCF5377

F-2はかなりおっきなタンクをぶら下げてますね。今回よく見えました。

 

あ~そろそろ行かなきゃ。ほんの一時間でしたけどいつもと逆方向の離着陸、そして2機のRFと見所満点でした。

こうして束の間の現実逃避も終わり大分へと車を走らせる旅人1号なのでした。

 

今回撮影機材


FUJIFILM ミラーレス一眼レフカメラ X-Pro1 ボディ 1630万画素 F FX-X-PRO1

 


FUJIFILM 望遠ズームレンズ XF55-200mmF3.5-4.8RLMOIS

 

X-Pro1+XF55-200mmでF-2戦闘機の「捻り」は撮れるのか?【今あるカメラでベストを尽くせ】

 

今回は大分出張です。

大分に行くとき是非とも立ち寄りたいのは…そうです築城基地ですね(私だけ?)

 

築城は大好きです。なんたって撮影ロケーションが最高だし、いつも飛行の密度が高く、期待を裏切りません。

前回は会社のコンデジで撮影しました。天気は良かったのですが、さすがに安コンデジと私の腕前では飛行シーンはあまりよく撮れませんでした。

tabibito1gou.hatenadiary.jp

 

今回は

〇お昼前に松原展望台広場にてお昼休み前の離陸機を見る

〇12:00になったら「龍馬」へ移動してちゃんぽんを食べる

〇食べたら堤防ポイントへ移動して昼休み明けの訓練を見る

〇職場復帰して本来の仕事の大分へ向かう

 

我ながら完璧なスケジューリングです(笑)このスケジュールで今回は愛機X-Pro1にてF-2の捻りにチャレンジしてみます!

 しかし私がいくら完璧なスケジュールを計画しても肝心の訓練が行われてないとこの努力も実りません。

 

しかしそこは築城基地です。いつも裏切りません。

お昼休み前に展望台に着くと曇り空ではありますが、これだけ離陸待ちしてます。うひょ~!

20180926173902

そして次々と離陸していきました 20180926173236

お昼前ギリギリに帰ってくるT-4

20180926173241

12:00になったので予定通りお昼を食べて堤防へ移動します。

堤防で待っていると13:00に来ました来ました!

20180926173114

今回の撮影目標である「捻り」も見せてくれます。ヨッシャー!

ヴェイパーもまともに撮れたのは初めてでした。

20180926173122

離陸してしばらくしてから捻るので200mm(換算300mm)ではさすがに遠いですね。でもなんとか撮れましたのでJPEGのままカメラ内でトリミングします。いけるかな?

設定は置きピンと得意のインチキ200mmOVF(本来X-Pro1はOVFは60mmまでです)にて撮影してます。インチキOVFのやり方は興味ある方はいないと思うので割愛します。

とにかくこの機材で出来る事を精一杯やってみます。こうして写真を並べて見ると天気が曇天で露出に苦労してるのがよくわかりますねw

DSCF5202

結構トリミングしたのでどうかと思ったのですが、私的にはブログなら全然大丈夫かなという印象です。

DSCF5201

しかし、冷静に見るとこのXF55-200mmというレンズ、曇天の日にテレ端開放で撮った上に大幅なトリミングまでしてるという条件を考えればよく写ってると思いませんか?あらためて感心させられました。

20180926173119

写真が暗くてスミマセン。でもヴェイパーもしっかり写ってますでしょ?(その後、flickrで少し修正してみました)

DSCF5203

そして戻ってくるF-2

20180926173125

常連さんらしき方に聞くと昨日の夜も結構な数が夜間訓練を行っていたそうです。ほんとによく訓練されてて頭が下がる思いです。

20180926173840

それにしてもF-2はホントカッコイイな~大好きです。

20180926173851

今回はシャッタースピード固定でAEを毎回変えていたのですがなかなか思うようにいきませんね失敗も多数ありました。今後の課題です。

 

ロケーションのよさのおかげ様々ではありますが、X-Pro1とXF55-200mmでこんだけ撮れる事がわかったので私的には大満足です。

世間ではやれX-H1だX-T3だと騒がれてますがそんなものには目もくれず、まだまだイケるぜ我らがPro1!(負け惜しみ…)

 

次は晴れの日に漁港ポイントからの「捻り」にチャレンジしたいな~。またチャンスを伺う事にしましょう。

 

今回撮影機材


FUJIFILM ミラーレス一眼レフカメラ X-Pro1 ボディ 1630万画素 F FX-X-PRO1


FUJIFILM 望遠ズームレンズ XF55-200mmF3.5-4.8RLMOIS